2018年4月25日水曜日

初めて購入したドローン「VISUO XS809」入門用としては必要十分



購入した商品



Amazonでも売っています。
カメラの性能でバージョン違いがありますが、安いので良いと思う。

だってカメラの性能期待できないから。


「ドローン」とは?



ウィキペディアによると、無人航空機の事を通称で「ドローン」と呼ぶらしいです。
プロペラが4つあるヘリコプターをそう呼ぶのかと思いこんでいたのですが、どうやら違うようですね。
プロペラは関係ないようです。ということはラジコンのヘリコプターもドローンってことだね。

で機体が200グラム以上の場合、日本の航空法に触れるようなので、個人で自由に飛ばせることができるドローンは、
200グラム以下の機体のものになります。
ちなみに200グラム以下のドローンのことをトイドローンと呼ぶこともあるようです。

その内200グラム以下でもすごい性能のが出てきたら、また法改正になるのかな??

それよりなにより、ドローン業界でトップの技術を持っている会社が「DJI」という会社なのですが、
驚くことにこの会社、中国の会社なんですよね。
youtubeで「DJI」で検索して出て来るドローンの動画・・・凄いですので一度ご覧になって下さい。
凄い技術力ですよね。
・・・ホント日本の家電業界ってヤバイとこまで来てる気がしますよ・・・。


悩んだりこだわった点



DJIのドローンは高くて手が出ませんので(笑)
気兼ねなく飛ばせる位の価格帯のものが望ましいので、希望条件は以下の感じです。
・5000円以下
・200グラム以下
・カメラ付き
・持ち運びやすいようにできればたためるタイプ
・操作に自信がないので自動帰還が付いているもの


レビュー



とりあえず箱はかなり頑張ってる気がする。(笑)
中身は、本体、コントローラー、説明書、プロペラガード、替えの羽根、ドライバー、USBケーブル
コントローラーは単三電池3本入れて使います。

本体のバッテリーは、付属のUSBケーブルで充電します。
電源に繋げると充電ケーブルのLEDが光るようになっていて、充電が完了するとLEDが消えます。
このバッテリーは本体に差し込むだけでセットできます、ケーブル類を繋ぐ必要は無いのでバッテリーのセットはかなり楽です。
ではいよいよ飛ばしてみます。

飛ばし方は・・・
1、本体の電源を入れる
2、コントローラーの電源を入れる
3、コントローラーの左レバーを上→下と動かすと「ピッ、ピッ」とおとがして本体とコントローラーが同期します
4、コントローラーの離陸ボタンを押すか、両方のレバーを内側斜め下にするとアイドリング状態になります

飛ばしてみた感想ですが、
6畳程の部屋では狭すぎてすぐ壁に激突するので、外で飛ばします。
少しの間飛ばして遊んでみましたが・・・・・「これはかなり面白い!!」
でも慣れるまでは操作が難しいです。

次に空高くまで上げてしまうと着地するのが大変です。
このドローン、レバーを下げてもなかなか降りてきてくれません・・・そして外で飛ばすと基本その場でホバリング出来ないので、
降りてくる間にあちこちに移動します。
こんなときの為に自動帰還ボタンがあるのですが・・・・

このボタン


使えません!!

押したら大変、ドローンがあらぬ方向へ飛んでいってしまうのです。
レビューを見てみてもそうなると書いてあるので、そういう仕様だと思って諦めます。

次にカメラが着いているので空撮にチャレンジしてみるものの・・・・
説明書を見ても録画方法が全く分かりません。ネットで調べてみた所、アプリをスマホやタブレットにインストールして
本体に接続しないと録画出来ないようです。
そしてその時に、
本体にSDカードが入っている→SDカードに動画が記録される
本体にSDカードが入っていない→アプリをインストールした端末へ動画が記録される
みたいです

ハッキリ言って録画するまでの準備が面倒です。しかし、空撮はどうしてもやっておきたい所なので・・・
アプリを入れてやってみました。

空撮した映像は以下の感じです。


どうです?「う〜ん・・・」って映像でしょ?
まあ事前にyoutubeで空撮映像は見ていたのでこの程度だとは思っていましたけどね。


まとめ



低価格のドローンっていまかなり盛り上がっている状態なので、次から次へといい機種が出てきます。
入門用として5000円ほど出せば十分楽しめるのがいいですね。
そのうち5000円でGPSが搭載されたものとかも出てきそうですよね。

2018年4月21日土曜日

インドア、アウトドア、ドライブ中でも使えてしまう「パール金属 真空コンビニカップ レギュラー」 HB-1337を購入したのでレビュー



こんにちは、KOSHIです。
ここ最近私はアウトドアでコーヒーを飲むのがマイブームでして。景色の良いところまで車やバイクで行っては、コーヒーを淹れて飲んでいます。
その時に使用するコップなんですが、軽さ重視で今まではプラスチックの物を使用していたのですが、すぐに冷めてしまうのが嫌だなと思い初めまして・・・頑丈で保温の効くステンレス製の真空断熱カップを購入しました。


購入した商品


Amazonで500円、ワンコインで買えてしまうという・・・
絶対お得ですよねこれ。


悩んだりこだわった点



アウトドアでの使用が第一の目的なので、アウトドアブランドのを買うのが良いかなと思うところですが、 私自身、アウトドアブランドにそこまでこだわりがなく、「性能が良ければそれでいいかな」と考えています。 第一、アウトドアブランドの物ってどれも高いんですよね、カッコイイのは分かるんですが。

条件的には
・保温が効く真空断熱のもの
・容量は300ml程度
・取っ手は邪魔なので要らない
・価格は1000円まで
・できれば知っているメーカー

この条件で探すと第一候補に出てきたのはサーモスのタンブラーでした。
このサーモスののタンブラーは縦長のため、保温効果が高そうで、形状も持ちやすく工夫されています。

しかし、しかしですね。私の場合この形状が「洗いにくそう」ってどうしても思ってしまうんですよね。
・・・ということで洗いやすさも考慮して高さの低いコップを選択しました。

あ〜でもサーモスが500円だったら即買いしてますけどね(笑)


レビュー



ということでアマゾンから届きました。
基本的にはコンビニのコーヒーカップを入れて使うのが狙いの商品なので、まずは試してみます。




セブンイレブンのホットコーヒーレギュラーサイズは専用品のようにぴったり!!
ローソンのホットコーヒーSサイズでも試してみましたが、ぴったりとは行かずちょっと余裕があります。
セブンイレブンのカップを元にして設計したのでしょうね。

続いて直接飲み物を入れて使ってみます。

Amazonのレビューで「飲み口がザラザラしている」との評価があったのですが、個人的には悪くありません。
飲み口部分は丸い形状なので「痛い」とかいうこともありませんよ。

真空断熱構造なので熱い飲み物を入れても外側は熱くならないのが良いですね。
保温効果はサーモスのに比べると構造上弱いと思いますが、必要十分です。

このカップ、カラーがブラウンとベージュがあるのですが、私はブラウンを選択しました。
塗装部はちょっと安っぽい感じです。(まぁこの価格なら許せるかな)

「塗装は無かったほうが逆に高級感あるんじゃないか?」とも思いましたが・・・

ちなみにアイスコーヒーはこんな感じ

最後まで悩んだ商品





サーモスの真空断熱タンブラー。
こちらも価格的には超お手頃。信頼のサーモスですしね。

まとめ



数ヶ月使ってみた感想ですが、サイズ的に家で焼酎を氷で割って飲む時に丁度いいサイズ感なので、主にそれで使用しています。
毎日アウトドアすることはないので、普段は家で使えるのは嬉しいですよね。

あと車にずっと置いておいてコンビニコーヒーを入れるようにしてもいいとは思いますが、
私の場合、休日しかコンビニコーヒーは飲まないので、家から持ち出して車に積むのをすっかり忘れてしまいます。

しかし、500円でここまで広く使えるので絶対買って損のない製品じゃないでしょうか。

イチオシです。

2018年4月18日水曜日

中華アクションカム「EKEN H9」「EKEN V8S」「ELEPHONE Explorer DUAL」を比較してみたよ


購入した商品



私はアクションカメラをバイクや車で使うことが多いので、以前から手ぶれ補正機能が付いているものが欲しいと思っていました。 そこでEKEN V8Sを購入したのですが、これが大失敗(後述します)
ということで、EKEN製品はちょっとやめとこうと思い、信頼性が少しでも良さそうなELEPHONE製のカメラを購入しました。
ELEPHONE EXPLORER DUALです。カラーはグレー。


「ELEPHONE」とは?



恐らく「エレフォン」と読みます。中国の会社ですね。 SIMフリーのスマホメーカーではちょっと名が知れてるメーカーだと思います。
主にスマートフォン、アクションカメラを作っている会社です。


悩んだりこだわった点



以前購入して失敗したV8Sの弱点を考慮し、

・手ぶれ補正付き(これはとりあえず絶対条件)
・比較的安価で購入できる
・メニュー画面での設定がしやすい
・バッテリーの使い回しが効く(EKENと一緒の形状であること、SJCAMのタイプね)
・LEDで録画状態がひと目ですぐわかる

これらの条件に当てはまり、私が名前を知っているメーカーで、出来るだけ安く買える物を探した所、
このEXPLORER DUALに行き着きました。


レビュー



箱はこんな感じ。分厚い箱で高級感あります。


付属品は最低限揃っている感じ。まぁEKENの部品が使えるので、防水カバーとネイキッドフレーム位しか使わないです。


本体デザインは、3機種の中では一番オシャレ。色もいいですね。
前面にも液晶付き、電源ボタンとシャッターボタンはLEDの光でカメラの状態が分かるようになっています。

手ぶれ補正もちゃんと効きますし、メニューもEKENより使いやすいです。
「これは良いものを買った〜!」と喜んでいたんですが、やっぱ出てきますね、中華アクションカムの残念な部分は(笑)。

このEXPLORER DUAL「マイクがイマイチ」です。
そんなに高性能でもないEKENに比べてなので、相当ですが・・・。

バイクのヘルメットにカメラを着けて走ると通常、風とマフラーの音が入るのですが・・・。
途中から何故か「風呂の中で響いてる」感じの音になります・・・
まぁ私はそこまでアクションカメラのマイクに性能は求めてませんが、途中で音が変わるのはちょっと残念な仕様。

それ以外は理想の感じなのになぁ・・・あぁ残念。

で、わかりやすく「3機種を比べてみよう」ということで動画を撮ってきましたので参考にしてみて下さい。




まとめ



3機種比べてみた動画、どうでしたかね。

最期に「EKEN V8Sが大失敗だった理由」なんですが。

・動作が不安定(これが一番イタイ・・・)途中で落ちることが多々ある
・メニューが使いにくい(サイドのボタンが1個しかない)
・電池の持ちが悪い(手ぶれ補正タイプは仕方ないけどそれにしても悪い)
・動作状況がわかりづらい(LEDは無く、前面の液晶で確認しないといけない)

このカメラ、比較的新しいのに今は販売されていないようなので「もしかして失敗作だったんじゃね?」と疑っています。
売り飛ばしてやりたいけど、こんな使えないカメラはさすがに売られた方が気の毒なので持ってます・・・

こちらも良ければ読んでみて