2017年8月13日日曜日

[xiaomi]のFMトランスミッター「ROIDMI 3S(BFQ04RM)」を購入したので2Sと比較してみた

左が2S 右が3S(箱が凹んでるけど・・・・)

こんにちはウマコシです。
以前記事に書いていたFMトランスミッターの「ROIDMI 2S」に新型の「3S」が登場したので早速購入してレビュー。





「ROIDMI」とは?



FMトランスミッター(車でスマホの音楽を聴くアイテム)なんですが、数あるトランスミッターの中でも

・小型で場所を取らない
・スマホアプリで操作するため、細かい設定が可能
・車のエンジンを掛けるだけで、自動再生してくれるという楽さ
・デザインが良い

という、これ以上ない仕様で、私の中では大ヒットした製品なのです。

以前購入した「2S」はiphoneにも対応し、「ほぼ完璧な仕様」だったのですが、 一つだけ残念な点が「接触が悪い」という部分でした、ドライブ中に路面が荒れていて、車が揺れたときなどに電源が 途切れることがあり、それだけが不満でした。


しかし、今回登場した「3S」写真で見たら一目瞭然なのですが、差し込む部分の端子がスプリングで引っ込むタイプに変わっており、振動に強くなっているのがわかります。(元からなんでこの形にしなかったのか不明なのだけど)


レビュー



レビューに入る前に、新しく購入した「ROIDMI 3S」ですが、箱を見る限りはどこにも「3S」の文字がありません・・・本当にこれは「ROIDMI 3S」なのかと疑いたくなりますが、メーカーホームページには一応「3S」として紹介されていますし、型式も「BFQ02RM(2S)→BFQ04RM(3S)」と数字が増えているので、進化版であることには違いないと思われます。

 それでは、本体を比較してみましょう。

大きさはほぼ一緒です。違うのは端子の部分のみ。


USB端子のある上部の比較。 2Sの方はマイクの穴がありますが、今回購入した3Sにはマイクが搭載されていません。「デチューンされているのかな?」とも思ったのですが、2Sの箱に「通話版」と記されているので、もしかするとマイクありなしの仕様があるのかもしれないので、この点はなんとも言えませんね・・・ 使用するアプリは2Sと同じく「ROIDMI DRIVER」です。 アプリが同じなので、設定項目などの仕様も同じです。 ・・・というか中身での変更は何もないのでは?と言うくらい同じです・・・

変更された端子部ですが、さすがに振動には強くなっており、数日間使った限り、電気が途切れるようなトラブルはありませんでした。(ワタシ的にはこれだけでかなり満足)

ウマまとめ


・・・というわけで、端子部以外はほぼ一緒の使用のため、端子に不満がない方は買い換える必要はないです。はっきり言って。
 私のように端子に不満がある方やこれから買う方は「3S」を購入を勧めます。




0 件のコメント:

コメントを投稿

こちらも良ければ読んでみて